皆生菊乃家について

トップ > 皆生菊乃家 > 皆生菊乃家について

皆生菊乃家について

皆生菊乃家の歴史と皆生温泉の歴史

皆生温泉 皆生菊乃家50周年の歩み~ヒストリームービー~

おかげさまで2014年に当館は創業50周年を迎えました。
これも多くのみなさまより支えていただいたおかげでございます。
私たちのヒストリームービーをご覧くださいませ。

菊乃家外観
当時よりございました「菊水旅館」の別館として
「菊水別館」の名でこの地に立ったのが
昭和39年1月1日。
当時、鉄筋コンクリート式の旅館として皆生温泉初、
非常に大きな注目を集めました。
現在の屋号「皆生菊乃家」に変えたのは平成元年。
平成9年10月、当初4階建ての建物だったものを取り壊し
大幅に新装されたものが現在の建物でございます。

創業者の柴野和美(故会長)、柴野恵美子(現大女将)は
地元の方々はじめ沢山の方々に支えられ
皆生温泉での旅館業をこよなく愛しておりました。
現在でも小さく残る、玄関前の滝や館内の活魚生け簀は
新しく大きな建物になっても旧館当時の名残を残そうと
二代目現社長 柴野憲史が願い考えたものです。

社長挨拶

柴野社長

皆様こんにちは。社長の柴野です。
平成9年10月に新築オープン以来18年余りが経過しました。
皆様方のご支援ご指導に心より感謝申し上げます。

当初より「お客様の喜びを自分の喜びとする旅館づくり」をモットーに社員と共に励んでまいりました。
私も心機一転初心に帰り、より一層お客様にご満足いただける旅館づくりを目指して頑張りたいと思います。

毎週土・日曜日に行っているフォークソングライブは13年目を迎えます。
お客様同士の交流の場になるような、そんな楽しい雰囲気が醸し出せればと思っております。

社長 柴野憲史



 


贔屓宿をつくる贅沢 ~お客様の喜びを自分の喜びとする旅館づくり~

菊乃家について

悠然と広がる海原を端正な庭園に見立てた立地
館内に生簀を擁し、新鮮な素材と地のものにこだわった料理
塩湯温泉掛け流しの気持ちのいい温泉
全31室というコンパクトな空間のなかスタッフの笑顔溢れる癒しの世界。

そんな皆生菊乃家は、ご縁のあった1人でも多くのかたに
「もう一つの我が家」 にいるような寛ぎ感で
癒しの時間を過ごしていただけるようにと
日々心を砕いています。

すがすがしい木肌のやさしさ、あたたかいおもてなしの心、
ひいきの宿に訪れたようなしっとりと馴染むくつろぎ感。

どうぞ時を忘れて、存分に羽をお伸ばしください。
お客様との縁ある出逢いが、なによりの喜びでございます。

家族旅行


皆生温泉ヒストリー

■皆生の名の由来

「皆、生きる」と書いて皆生(かいけ)。天正年間(戦国時代末期1573年~1592年)に命名された「海池(かいけ)村」の名が江戸時代の末期(慶応3年=1867年)、「皆生村」と改名統一されました。弓ヶ浜半島がかつては陸続きではなかったことから半島付け根にある当地がそのような地名であったと考えられます。
ちなみにこんな俗説も・・・
その昔、出雲の稲佐の浜から泡となって流れた魂たちが海岸に流れ着き、新しい身体と心が蘇生(よみがえる=黄泉の国から帰る)されて、皆、生まれ変わった。このことから、当地を「皆生」と呼ぶようになったという言い伝えも残っています。

■皆生温泉のはじまり

皆生温泉

1900年(明治33年)、漁港に近い町らしく、皆生海岸の浅瀬に湧き出す湯を漁師が発見したのが始まり。

源泉は19箇所で、温度は最高83度。湧出量は毎分4456.5リットルと県内では一番のスケールを誇ります。

皆生温泉の泉質は、ナトリウム、カルシウム塩化物泉。海中より湧き出す湯ということからも、これこそまさに天然の「塩の湯」を意味しています。

主な効能としては、神経痛やリュウマチ、皮膚病などが挙げられるほか、塩の湯特徴の、優れた保温効果も。また海水の成分を数多く含んだ弱食塩泉は、"元祖タラソテラピー"の異名を持つ美肌の湯として注目を集めてきました。タラソテラピーとは、ヨーロッパで古くから行われてきた海水療法で、心身をリラックスさせ、お肌を引き締める美容法として人気が高く、今日本でも注目を集める治療の1つ。皆生の湯は、そんなタラソそのものなのです。

皆生温泉について


皆生菊乃家概要

  • 収容人数 140名
  • 客室 31室(特別室1室)
  • 宴会場 90名・50名・30名・20名
  • その他の施設
    • 大浴場・露天風呂
    • レストラン&会議室
    • 活魚いけす
  • 娯楽施設
    • クラブ
    • 売店
    • カラオケルーム2室(別館)
  • 住所 〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4丁目29番10号
  • TEL 0859-22-6560
  • FAX 0859-32-3579


宿泊料金が500円引きとなります。大山開山1300年を記念して奥大山の天然水をお1人につき1本プレゼント。 詳細はこちら

宿泊プラン一覧から予約

宿泊日からプランを検索
宿泊日
から
宿泊人数 部屋数
男性 女性
部屋タイプからプランを検索
部屋タイプ
空室カレンダーを見る
ご予約の変更・キャンセル